引き締まったボディーを手に入れよう!無酸素運動と有酸素運動の両方を使ってダイエット!

ダイエットはしたいけれど、食事制限はしたくないという方におすすめなのが、体を動かすダイエットです。しかし、何でもいいから体を動かせばいいというわけではありません。正しい手順で体を動かさなければ効果が薄れてしまいます。

ユーグレナから生まれた麹酵素は効果なしで効かない?口コミ評価を暴露!

・まずは無酸素運動から始めよう

ダイエットに必要なのが、脂肪の燃焼です。脂肪の燃焼には、ある程度の筋肉は必要になるため、筋力トレーニングは欠かせません。そこで有効なのが無酸素運動です。無酸素運動とは、短時間に強い力を発揮する運動のことを指します。

無酸素運動には自宅で行えるものもあります。例えばスクワットや腹筋運動であれば、室内の広いスペースは必要ありません。これらの運動はトレーニング器具も使わないので経済的にも優しいと言えるでしょう。

・有酸素運動もダイエット効果あり

有酸素運動にも脂肪燃焼の効果があります。有酸素運動は無酸素運動に比べて筋肉への負荷が少ないため、筋力アップを狙っている人には効果が薄いですが、ダイエットを目的にしている人には効果的な運動だと言えます。

有酸素運動の代表的なものには、ウォーキングやランニングがあります。ウォーキングやランニングは、長い時間行うことで高い効果を得られます。

・無酸素運動と有酸素運動の合わせ技で効果アップ!

より効率的なダイエットを目指している人は、無酸素運動と有酸素運動の両方を行うのがおすすめです。無酸素運動での筋力アップと有酸素運動での脂肪燃焼を組み合わせることで、引き締まったボディーを作りやすくなります。

このときに重要なのが、トレーニングの順番です。無酸素運動を先に行ってから、有酸素運動に取り組むのが良いでしょう。有酸素運動を先に行うと、その時点で大きくエネルギーが消費されてしまうため、無酸素運動で必要になるエネルギーが残っていないという現象が起きる可能性が考えられます。

ダイエットの効果を高めるためには、無酸素運動の後に有酸素運動を行うようにしましょう。