口臭の「原因」と「改善策」

「最近口臭が気になる」
そんなお悩みを抱えている方々は多くいらっしゃると思います。

今回は、そんな悩みを抱えている方々のために、
1.なぜ口臭が気になるのか?その原因
2.どのようにすれば改善されるのか?解決方法
について書いていきたいと思います。

http://epilepsycancun2016.org/

1.なぜ口臭が気になるのか?その原因

まずは、なぜ口臭が気になるのかその原因から見ていきます。
口臭が気になる原因として大きく分けると2つあります。

1つ目は内臓等の体の内部が原因であるということです。
どういう事かというと、消化不良や肝機能の低下、糖尿病などといった
体の内部の不調ですね。
消化不良では、口臭が腐ったような嫌な臭いがします。
肝機能が低下することによって、毒素の分解が厳かになってしまい、
アンモニア臭にょうな臭いがするのが特徴です。
最後に糖尿病ですが、糖尿病を患っている方の口臭は、甘酸っぱい臭いがします。

2つ目の原因としては、口内環境が悪いがために口臭が悪化してしまうケースです。
具体的には、「舌の汚れ」、「虫歯」、「歯周病」などが挙げられます。
人間の舌は凸凹とした作りになっていて、そこに食べカス等が蓄積されてしまいます。
この蓄積された食べカスをエサにして細菌が繁殖し、臭いを発しながらどんどん増殖していくのです。
虫歯や歯周病は、説明するまでもなく、歯や歯茎の隙間などで増殖する細菌です。
虫歯や歯周病は、放っておくと重大な病気にも発展してしまいますので、
早期に対応が必要です。

2.どのようにすれば改善されるのか?解決方法
では、どのようにしてこれらの問題を解決することができるのでしょうか?
まず第1のステップとして、「口臭の原因は何か」を突き止める必要があります。
歯周病なのか、虫歯なのか、それとも内臓系の不調なのか。
そこを突き止めてから適切な対応が必要でしょう。

舌の汚れや虫歯、歯周病などは日々のケアが最も大事です。
歯磨きだけではなく、「フロス」や液体の「デンタルケア」などもオススメです!
内臓系の不調の場合はかかりつけの病院に行くことをオススメします。
専門の方から見てもらうのが確実な方法でしょう。

【まとめ】
口臭にはいくつかの原因があるので、それをしっかりと突き止めれば改善できます。
まずは、日々の私生活のケアから見直してみるべきでしょう。