40代になったからこそわかる、若い頃にやっておくべきこと

10代20代30代と、あまり肌ケアをせずに過ごしていました。
幸運なことに肌トラブルはほぼなく、悩みに直面していなかったため、かなりズボラだったと思います。
普段からファンデーションをすることはほぼなく、夜顔を洗わずに寝ることがほとんどでした。

http://www.internet-hyeres.com/

日焼け止めもほぼ塗ったことがなく、むしろ黒肌が好きだったのでそばかすくらいは「肌が茶色ければ目立たない」としてさらに素肌を日にさらしていました。

40代を迎えて、いまだに大きな肌トラブルはありませんが、ほうれい線や目元のたるみが気になるようになってきて、今更ながらもっと若いときにケアをするべきだったと感じるようになりました。

ケアと言っても高い化粧品を使ったり美容器具を使ったりエステに通うというようなことではなく、日常でちょっと注意をするべきことを意識しておけばよかったということです。

例えば、頬杖をついたり、目元を強くこすったりといった、肌のたるみを促進させるようなことを避けるようにしておくだけでも加齢時の肌の状態はかなり違っていたと思います。

若いときは老いたときに自分がどうなるかなどなかなか想像できないものです。
プラスケアとしての美容液での日常的なケアやエステなどのスペシャルケアは肌そのものへの効果だけではなくリフレッシュにつながるのでたまのご褒美として行うのは良いと思いますが、マイナスにつながる行為をなくすことが追々違った結果を生むと思います。