ピーマンの健康効果を紹介します。

ピーマン嫌いな方って意外と多いかと思います。
苦味や香りが苦手な方がいらっしゃると思います。そこでピーマン好きや、嫌いな方へ、一年中出回っているピーマンの凄さをご紹介したいと思います。

ピーマンのビタミンCは加熱しても損なわれない為、焼いたり、炒めたり、揚げ物にしてもピーマンの ビタミンCは豊富に含まれていますので、シミ・ソバカスを予防し、コラーゲンの生成も助けてくれます。
ビタミンEが欠乏すると、ガン・不妊・筋萎縮症・脳軟化症などの原因にもなります。

キュリーナ

ピーマンにはビタミンAも多く含まれています。
ビタミンAは皮膚・粘膜の保護作用、成長促進作用、生殖作用などの生理効果があります。目の機能も維持するので、眼精疲労やドライアイの改善効果も期待できます。風邪などの感染症予防・口臭予防・歯周病予防にもなります。
ピーマンには、ポリフェノールの一種のクエルシトリンという渋味成分が含まれています。クエルシトリンは高血圧制御、抗うつ作用、血中中性脂肪の上昇制御、血流改善、関節炎予防効果などがあります。

以上で「ピーマンの意外な凄さ」についてでした。
ピーマンはビタミンA,C,Eが豊富に含まれていて、美容を初めとする効果がたくさんありますので、ピーマン嫌いな方は調理法をアレンジしながら少しずつ克服していけるといいですね。