もしかして私、臭ってる!?汗の臭いケアについて

朝お風呂に入り、製汗剤でケアしていてもお昼頃には何だか臭いが……なんてことはありませんか?
どんなに見た目に気を使っていても、体臭がキツいと異性からのイメージも大幅ダウン。
デリケートな問題なので指摘できないだけで、実は陰で臭いと思われてないだろうかと誰しも1度は不安になったことがあるかと思います。

プルーストクリーム

できれば家を出て、帰るまでずっとお風呂上がりのいい匂いをキープしたい。
かといって、仕事中に抜け出して小まめに汗を拭いたり、スプレーをしたりといったことは難しいですよね。
朝と昼の空き時間に制汗剤をつけ直すので精一杯という方が多いのではないでしょうか。

そもそも何故汗は臭うのかというと、汗に含まれる成分を肌にいる雑菌が分解し臭いの原因になる物質を生み出すからです。
例えるなら汗が雑菌のエサとなり、あの嫌な臭いを発生させているのです。
そのため、汗自体を拭いたりパウダー入りのスプレーで吸着させて肌触りはサラサラになっても、原因菌がまたすぐに臭い物質を作り出してしまいます。

そこでオススメなのが、雑菌自体にアプローチする薬用石鹸。
雑菌をやっつける薬用成分が入った石鹸で汗をかきやすい場所を優しく洗い流します。
薬用成分入り、というのがポイントでただ皮脂を落とすだけの効果しかない石鹸で洗っても肌が乾燥するだけで肝心の雑菌はいなくなってくれません。
私が使っているのは、イソプロピルメチルフェノールという成分が入った石鹸です。
逆に、「臭いが気になる方に」「汗ケア」と謳っていても、裏の成分表に有効成分と言われる表示がない商品には要注意。
○○エキスといったものは、いくら効きそうでも作用が認められているわけではありません。

薬用石鹸で体を清潔にした後はスプレーや塗るタイプのケア商品で大量に汗をかくのを防ぐ、ダブルのケアをして頂ければさらに安心です。
ぜひ皆さんも普段使っているボディソープを見直してみてはいかかでしょうか。