小さいです

胸が揺れるとかにはすごくあこがれました。そうなんです、全くというか胸って言えるくらいしか大きさがないのです。大きかったのは授乳中だけですね。隣で寝ていた子どもが、夜中「ママ・・・」といって背中の肩甲骨に触って、「ぱいぱい」そう言ってまた寝たのはちょっとショックでした。http://www.orcines-puy-de-dome.com/

ですから胸の谷間が見えるような服は着れません。だって隙間から乳首まで見えてしまいます。なのでぴっちりした服も大きさがわかるので、ほとんど着たことはありません。友人と温泉とか行くのも苦手でした。

「私の方がまだ大きい」と必ず言われます。彼氏ができてからも、気にしてない風にはしていましたが、当然「これくらいがちょうどいい」とかって、慰めというか、諦めでしょうか、何回か言われたり、そう言った類の雑誌とか見かけると、男の人にとっては”豊かなバスト”は、あこがれや彼女の自慢になるのかと思っています。

時間とともに貧乳のことはしょうがないとあきらめて、逆手に取ってボーイッシュなスタイルの洋服を着たりしました。背が高い方なので、いい逃げ道です。年齢とともにますます重力に勝てなくなり、私の胸はどこかにいってしまったようです。走ったら揺れる胸、肩こりが起こるほどの巨大なバスト、それは、未知との遭遇ですですね。