若い頃の無理

私はこの歳になり、薄毛が気になり始めました。歳は50歳にもう少しでなろうかというところです。周りにはわりと髪がふさふさの同僚が多くいて、なんで自分だけが薄くなりはじめたのだろうと考えるようになりました。まずは家族。

うちの父はふさふさとまでは言いませんが、普通に髪の毛はあります。若い頃の写真と今もそんなには変わらず、ハゲてきた印象はないんです。そして、母親。女性にしては薄いような気もしますが、やはり女性というだけあって、ハゲてる印象はありません。http://honportal.org/

髪も結ぼうと思えば結べるくらいです。もっと、さかのぼって、じいちゃんばあちゃん。父方のじいさんは、おでこは広めでしたが、ひたいがハゲている印象はなく、激動の戦後を生き抜いたわりには、大丈夫です。そして母方のじいちゃん。話によると神経質でたまに円形脱毛症だったようですが、ハゲてはいません。困りました。

家族にはハゲはいないんです。そして、ふと思い出したことがありました。学生の頃、新聞配達の仕事をしていたんです。新聞配達の仕事は、雨の日も雪の日も台風であっても、傘もささずにびしょ濡れになって新聞を、配ります。これだと思いました。酸性雨は頭皮によくないと聞きます。4年間も日々の雨に濡れたら、ハゲても仕方ないなと。若い日の無理がたたりました。