どうしても隠しきれない毛穴

いつも化粧水をつけて、BBクリームをつけて、フェイスパウダーをはたいています。若い頃はこれで綺麗に見えていたのですが、年を重ねるにつれてBBクリームが毛穴に埋まって点々が目に見えるようになってきました。

シロジャム(Sirojam)の効果

上からいくらフェイスパウダーをはたいても、フェイスパウダーも点々になってしまいます。

毛穴パック、冷水で引き締める等々やってはみるものの、重ねた年齢の分開いていった毛穴は小さくはなりません。

プロの方に聞くと肌がたるんだ分、丸い毛穴が涙型になって大きく見えてしまうとのことです。

ということはいくら毛穴をパックしようと何をしようと無駄ということです。まずは顔全体を引き上げる方法を探さねばなりません。

これで悩みは2つに増えました。年を重ねれば重ねるほど悩みは複合的に絡み合って、解決策を見つけることは困難になっていきます。

ふと「美容整形しちゃおうかな…」と思うこともありますが、お金を相談すると簡単にできるものではありません。

結局は毎日、せっせと化粧水を塗って、クリームを塗って、夜になったらメイクを落としてという繰り返しを続けるしかないわけですが、この繰り返しのおかげでせめて老化が緩やかになっていると思えばがんばろうという気持ちになれます。

もうこんなに老けた、と思うか、年の割にはがんばってる、と思うか、自分次第ですが毎日ふれる肌なので、せめて自分は褒めてやりたいと思っています。