夜キノコダイエットについて

夜キノコダイエットとは、食事からのエネルギー摂取量が増えがちな夕食時にキノコを食べるというダイエット法です。

その際に食べるキノコの量の目安は、200gです。http://szeged2017.com/

キノコは、90%が水分でできているため、エネルギーが低く、さらにビタミンB1とビタミンB2を多く含有しています。

ビタミンB1には、糖質のエネルギー化を増進させる働きがあり、ビタミンB2には、脂肪のエネルギー化を増進させる働きがあります。

また、キノコには、余計な脂肪や糖質を包んで吸収を妨げる働きがある水溶性食物繊維が多く含有されています。

そして、キノコの中でもエノキタケには「キノコキトサン」という特有の成分が含有されています。

これには、脂肪細胞に溜まった体脂肪を分解させる働きがあるため、体脂肪の量が多くて運動しても効果が表れづらいという人にも有効です。

ただし、キノコキトサンはエノキタケの硬い細胞膜の中にあり、細胞膜はしっかり噛んでも壊れにくいので、通常の食事で効果的に摂取するのはなかなか難しいでしょう。

また、水溶性食物繊維には吸着性がありますが、ビタミンやミネラルの吸収を妨げるという難点もあるので、摂取量の割には効果が出にくかったりします。

そのため、サプリも併用したほうがよいでしょう。