だれも避けて通れない年齢による肌の衰え

朝起きて、「あっ、今日の私、キレイかも!」なんて思えたのは、もうはるか昔のことです。

プルエスト洗顔の効果は?悪い口コミもある?肌トラブルを解消できるのか購入して試してみた

十代、二十代の頃は、しっかり寝れば肌は自然とみずみずしく、張りがあり、透明感のある状態に戻っていました。その頃は、30代の人が「なんか肌がミカンの皮みたい」といっているのを聞いて、肌の毛穴がミカンの皮みたいになる人もいるんだなと思っていました。肌質によるんだろう、わたしはきっとならないタイプだろう、と勝手に思っていました。

しかし、いざ30代になると、その知り合いが言ってた本当の意味が分かりました。どんだけゆっくり睡眠時間をとっても、鏡に映っているのはミカン肌です。どんなに手入れをしても、毛穴はほとんど狭まらす、ミカンのままです。

ちょうどその頃、40代の方がシミが取りにクリニックに行った話や、クマが酷くなって困ってると言われていました。わたしは色白ですが、シミはなく、睡眠不足でなければクマもそんなに気にならない状態でした。それで、クマができやすい人や、シミができやすいタイプってあるんだろうな、と思っていました。そして、わたしはきっとならないタイプだろう、と勝手に思っていました。

しかし、いざ30代後半になり、毎朝起きて鏡を見ると、クマのひどい、シミのある顔が映っています。その知り合いが言っていた意味が分かりました。どんなに十分睡眠をとっても劇的な変化はありません。

結論は、年齢による衰えはだれにも避けられないということでした。現実を受け入れ、中身を磨き、心の豊かな人になるなら、ありのままに自分も受け入れられ、幸福でいられると思います。