ママ、怖かったよね…ゴメンね

育児をしていると、イライライライラ、することたくさんある。結婚して、子供が生まれるまではこんなにイライラしたことはなかったんじゃないかな。

http://www.greenmountainplonkers.org/

数年前、まだ娘たちが5歳と2歳の頃。

夕方5時からは家事と育児、早く子供達を寝かせなければ!という、プレッシャーでいつもイライラ。ご飯を作っても全然食べないことも多くて、たぶん精神的にもきつかったと今では思う。

そんなある日、いつもより余裕を持って夕飯の準備ができ、子供達の好きなハンバーグを可愛く盛り付けてあげることもできたのだが、そこで事件は起こった。

台所で盛り付けた皿を私が運ぼうとしていた時に、下の子が「わーい!じぶんではこぶ?♪」とウキウキで取りにきたのだ。

イヤーな予感もしたが、せっかくのお手伝いのチャンスだし、気をつけながら運ばせてあげたところまでは良かった。

テーブルにお皿を置いて、下の子が自分の椅子によじ登ろうとしたその時だ。せっかく運んだお皿に手を引っ掛けて、思いっきりハンバーグの皿をガッシャーーン!!

イナズマのように私の心にも怒りが…!!

怒鳴りこそしなかったが、きっと顔にも出ていたのだろう。

その時、間をおかずに上の子が言ったことが衝撃だった。

「〇〇ちゃん(下の子)!はやくママに謝って!!ハンバーグはお姉ちゃんの半分あげるから大丈夫!!はやく、ごめんなさい!って言うのよ!!」

と必死の形相で妹に諭していたのだ。

もう、その瞬間、私は「あぁ、こんな風にお姉ちゃんに言わせちゃうくらい、ママがすごく怖かったんだなぁ。ずっと私がイライラしてことは、子供達にとってもストレスだったんだなぁ。」

と深く深ーく反省。

ママのストレスは子供にとっても良くないのね。